KINCHAN ch

金魚ファンによる金魚のためのブログ

製品レビュー 飼育のノウハウ

エサを的確に沈めたい方、必見!

はじめに

最初にお断りしておきます。

今回おすすめする商品が使えるのはフレームレス水槽を使っている方のみです!

申し訳ないですm(_ _)m

※なかにはフレーム水槽でも使える水槽があるみたいです。

詳しくは下記に記載しております。

✩.*˚

さてさて、世の中にはよく沈むエサとなかなか沈まないエサがありますよね。

後者は苦労しますよね( ˊᵕˋ 😉

フィルターに吸い込まれたりあらぬところへおちたり、、、と。

そんな悩みを解決し、確実にピンポイントにどんな餌でも落とせる商品を今回はご紹介したいと思います。

エーハイム フィーディングステーション

これ、本当はこの上にエーハイムのオートフィーダーを載せるものなんですよね。

ただ、目的は同じ!

オートフィーダーから落ちたエサを的確に沈めるための商品なのです

ではどんなものか、私の使っている汚ったないフィーディングステーションをご覧下さい( ˊᵕˋ 😉

こーんなやつです

めっちゃコケはえてます。ご了承ください( ˊᵕˋ 😉

水槽前面から見るとこんな感じ

ん?

この四角で覆ったところがフィーディングステーションの本体です。

コケコケですね~ꉂ(ˊᗜˋ*)ヶラヶラ

要はですね。

ここにこのようにエサを入れます。

また後日ご紹介しようと思いますが、発売してから日の浅い、とある業務用のエサです。

見てお解りの通り粉です。

すぐには沈んでくれない厄介なやつです!

このままいくとフィルターに吸い込みまくられたりあらぬところへおちたりしてめちゃくちゃ水が汚れてしまいます。

が!!!

このフィーディングステーションを使うと,,,

なんということでしょう!

狙った位置にパラパラと落ちてくるではありませんか!

画期的でしょう?

ちなみにちょっとした道具も置けちゃいます

便利!

すっごくオススメです。

✩.*˚

最後に

もちろん、与える前にエサを水やバクテリア液などでふやかしてから沈める方法もありますが、現代人の朝は忙しい!

毎回やっとられるかぁ-!

ですよね?

なのでめチャ推ししておきます。

ちなみに私はこれを半年以上使ってます。

耐久性もいいと思います

ほかにもただ輪っかがフロートしているようなものもあります。

でもこっちの方がスッキリとしてオシャレなのでオススメします(๑ ᴖ ᴑ ᴖ ๑)

ちなみに、最初にフレーム水槽をご使用の方は使えません、と前置きをしましたが、フレームが20mm以下なら使えるようです。

ご確認の上、よろしくお願いします。

今回ご紹介した商品

質問などありましたらこちらのInstagramのアカウントまでご遠慮なくDMください。

View this post on Instagram

よく弁慶と小次郎の違いを聞かれることがあるので、ここで解説しておきます。 ☆ 簡単に説明すると、弁慶(サムライEXとムサシ634も)はメインで使うバクテリアです。 一方、小次郎は、サブとして、弁慶などと組み合わせてオプションとして使うバクテリアです。 ☆ 詳しく解説致します。 弁慶やサムライ、ムサシは乳酸菌・納豆菌・酵母菌などを配合して、水中の有機物(汚れ)を発酵分解して、硝酸塩が溜まりにくく、水換えを伸ばせる、というシロモノです。 一方、小次郎は同じく乳酸菌・納豆菌・酵母菌も若干含んでいるのですが、メインは!麹菌です。 東洋の微生物の王様と言われるあの麹菌です。 麹菌は特に脂質の分解能力に優れています。 ですので、小次郎526EXは有機物の分解作用をメインに当てた商品です。 硝酸塩が溜まりにくい環境は整えれないと言っていいでしょう。 汚れの多い環境で効果を発揮するのではないでしょうか? ☆。.:*・゜ 【まとめ】 一種類だけ買うなら ・弁慶(1番オススメ!) ・サムライEX ・ムサシ634 のいずれかを。 オプションとして、これらに ・小次郎526EX を使えばd(≧▽≦*) ☆。.:*・゜ ちなみに、正直な感想、、、 小次郎526EXの効果はちとよく分かりません😅 長いこと使ってるのですが、弁慶とかがすごいからですかね、、、 ただ麹菌が欲しいので入れてます。 参考になりましたら幸いです #サムライEX #小次郎526ex #ムサシ634 #弁慶 #バクテリア本舗

A post shared by Kinchan🇯🇵°・🐠 (@kinchan_ch) on

金魚飼育4年目の金魚飼育初心者がモノ申します(^▽^)/ 思考回路は完全に理系、性格は絵にかいたようなA型です。 少しでも皆様の金魚たちが元気になれたらと思います。