KINCHAN ch

金魚ファンによる金魚のためのブログ

病気

実は観パラDと同じものです

はじめに

最近、ニチドウのクスリが手に入りにくいですね

1番手に入りにくいのは観パラDとグリーンFゴールド顆粒とパラキソリンFでしょうか?

ニチドウさんいわく、原料の調達が難しくらしく生産ができない状態らしいですね。

パラキソリンは特に酷いですね(–;)

どこも在庫なくてビビります

それだけ松かさや赤斑病が多いということですかね、、、

さて先程、手に入りにくい薬品をあげたと思うのですが、

これらは確かに実店舗でも品切れだったりすることが多いです

グリーンFゴールドリキッド

しかしですね〜


グリーンFゴールドリキッドは大抵置いてあるんですよね〜

実は!

観パラDとパラキソリンは共に、

オキソリン酸

という抗生物質を含む薬です。

それが薬浴用か?薬餌か?の違いだけです

でもオキソリン酸が主成分の薬って、、、


グリーンFゴールドリキッドもオキソリン酸なんですよね〜

知らなかった!って方多いと思います

『なんで観パラDと分けるの?』


と思われると思いますが、


観パラDは 1ml / 10Lの添加量


グリーンFゴールドリキッドは1ml / 1Lの添加量

そう、後者は小型水槽で使いやすいように希釈してあるんです。

ただ濃いか!薄いか!?の違いだけです

あとはお値段も違ったりします

実は観パラDのほうがコスパはいいです。

1mlあたりで考えると。

ただ、現状、観パラDが手に入りにくいですし、さらに言えば、この事実を多くの方が知らないおかげか店頭やAmazonでも手に入る状況なので、とりあえず持っておいてはいかがでしょうか?

いつ忍び寄ってくるか分からないエロモナス症

常備薬は必須です

なんちゃってパラキソリンF

あとこれはご存知だと思いますが、観パラDやグリーンFゴールドリキッドをエサに染み込ませて


『なんちゃってパラキソリンF』


も作れたりします

最悪これで、凌いでください。

補足

グリーンFゴールドリキッドとグリーンFゴールド顆粒(粉末の薬)はどちらもエロモナス菌に効きますが、全く違うお薬ですのでご注意ください。

そしてグリーンFゴールド顆粒も品薄ですよね。

もし、観パラDやグリーンFゴールドリキッドやパラキソリンFといったオキソリン酸系の薬で効き目がない場合!


(目安として1~2週間)

『耐性菌の可能性があります』

どれだけ投薬しても無駄です
効きません。

その場合は
⚫グリーンFゴールド顆粒

⚫エルバージュ(パフラジンF)

に切り替えてください

後者ののエルバージュはキツイからと嫌われる傾向にありますが、まだ元気がある時の治療や予防には最適ですよ。

また、エルバージュはグラム陰性菌しか殺しませんから、濾過バクテリアに実は影響がないのです。
(中にはグラム陰性菌も殺すと書かれてるネット情報もありますが、それは嘘です)

事実、私はこないだ新入りをお迎えして、エラ病などの予防のためにすぐに投薬しましたが、ご覧とおり、薬浴後4日経っても濾過は崩れておりません。
※24時間薬浴終了後100%水換え済

亜硝酸も安全域
亜硝酸未検出

ほかの薬と違って24時間で終わるのも良いところです

定期的に投与して、濾過槽のエロモナスを駆逐するのも手ですね。

まとめ

観パラDがない時はグリーンFゴールドリキッドが代わりに使える!


全く同じものです◝(⑅•ᴗ•⑅)◜


エルバージュもそんなに悪くない!

思いのほか周知されていなかったので驚きです

最後に

参考になりましたら幸いです

https://www.instagram.com/kinchan_ch/

金魚飼育4年目の金魚飼育初心者がモノ申します(^▽^)/ 思考回路は完全に理系、性格は絵にかいたようなA型です。 少しでも皆様の金魚たちが元気になれたらと思います。